FC2ブログ

amble

相思樹の子どもカップ

たま木工商店

たま木工商店

たま木工商店さんの相思樹の木で作られた子ども用のカップ

広めに作られた取っ手は 小さな手でも両手でしっかり持てるようにと考えられたもの
取っ手を彫りだすだけでも手間がかかるのですが 両方同じように彫りだしていく作業は 普通のマグカップの何倍もの手間と時間と技術がかけられています

そんな時間と手間と気持ちのこもった木のカップ
小さなころから大事に使ってもらえたら そしてその子が大人になっても おじいちゃんおばあちゃんになってもずっとずっと大事に使っていてくれていたら とっても素敵なことだと思います

小さいころはお父さんやお母さんと 大人になってからは自分の子どもさんと そして時には一人でゆっくりと
長い時間をかけて大事にお手入れされた木の色は どんな色に変化しているのでしょうね

ものを大事に大切にしながら育っていく子どもたち
その子の成長をゆっくりとそばで見守っていたくなりますね
スポンサーサイト



  1. 2016/01/05(火) 12:00:00|
  2. たま木工
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<手びねりマグカップ | ホーム | あけましておめでとうございます>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyoko0625.blog.fc2.com/tb.php/210-14ee78f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)