amble

佐藤尚理さんの器

佐藤尚理

佐藤尚理

佐藤尚理

佐藤尚理

佐藤尚理

佐藤尚理さんの器たちが沖縄から届きました
こんなにたくさんambleに並ぶのは初めてのことで うれしくていっぱい写真を撮りました
今日は晴れたり曇ったりのお天気でまだまだ寒い福岡ですが 店内はいっきに春のような明るい空間になりました
ぜひお店で手に取ってご覧ください
尚理さんの器は底の部分も見逃せない楽しさがあります
スポンサーサイト
  1. 2015/03/05(木) 18:08:32|
  2. 佐藤尚理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐藤尚理さんのボウル

佐藤尚理

佐藤尚理

佐藤尚理

佐藤尚理さんの大きめのボウル
紺色にピンクの水玉 その上に細かな作業で入れられた点々 そしてもう片方には白い模様がリズミカルで楽しそう

紺色の器ってなかなか見たことないですよね
こういう濃い色の器って白い麺との相性は抜群じゃないかなと思います
これから冷やしうどんなどが美味しい季節 お好きな具材を盛り付けて色々試してみてくださいね


サイズ…16cm×7cm

  1. 2014/07/15(火) 17:11:38|
  2. 佐藤尚理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐藤 尚理

佐藤 尚理

佐藤 尚理

佐藤 尚理

ambleの新しい作家さん お一人ずつ紹介していきたいと思います
今回から 器のお取り扱いをさせていただく 佐藤尚理さん 先にプロフィールからご紹介しますね

佐藤 尚理(さとう なおみち)
1974年 長野県生まれ
1996年 沖縄県立芸術大学彫刻科 入学
     卒業後 彫刻家として活動
2007年 ドイツ ミュンヘン芸術大学 ゲストスチューデント
2009年 帰国後 陶芸を始める
2013年 utuwa+喫茶 ボノホ オープン

元々は 彫刻家として活動されていた方で 他にもご自身の工房を建てたり お店の内装もされたりと 色んな事が出来てしまう方なのです
大きな彫刻の作品を作る時には まずは自分たちで作品を作るための 小屋から作ったりするそうです
それを聞くと なるほどと納得できますね

尚理さんの作品は 作家さんご自身そのもののような のびのびとした自由な器

パッと見た目は 色づかいがきれいで ポップでかわいい印象を受けますが この点々は象眼の技法で点々を彫った後に黒い土で埋めていくという とっても気の遠くなるような 作業を経て生まれています
それぞれ手作りのものには それぞれにとっても手が掛けられていることを この点々を見るたびに思い起こさせてくれます

そしてこの点々があることによって 器全体が引き締まり 持った時の手触りもまた 楽しいものになっています
ぜひお店で 尚理さんの のびやかで自由な器を 手に取ってみてください


  1. 2014/07/09(水) 12:30:19|
  2. 佐藤尚理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0